3Dプリンターはどうやってビジネスになるのか?

3Dプリンターはどうやってビジネスになるのか?
2017年6月7日 leakaquare

3D印刷オブジェクトの技術が進歩するにつれて、3Dプリンターは日常の製品を開発する上でより実用的で、効率的で、費用対効果の高いソリューションになると予想されています。この進歩により、プラスチック、セラミック、金属などの幅広い材料を使って製作した製品に費やされた時間と、それらの製品を販売する方法を完全に変えることができるようになります。

3Dプリンター会社Hazz Designの共同オーナーであるTracy Hazzard氏は、これからもそうだと見込んでいます。Hazz Designは250以上の製品を開発し、小売顧客に約10億ドルの収益をもたらしました。

先進的な医学研究用の生体材料(バイオプリンターなど)から3Dプリントされた食品に至るまで、新しい製造形態があらゆる産業に浸透し始めています。以下は、3Dプリンターによってどのように我々の生活に変化を及ぼしているかを紹介します。

フード

手の込んだ、装飾的なウェディングケーキを作ることを専門とするベーカリーが3Dプリンターを所有したらどうでしょうか? 労働集約的な仕事であるパティシエ、ケーキ職人が、ウェディングケーキのための小さなガーニッシュや装飾を個人的に作る余裕はありません。

この場合、3Dシュガープリンターを使うことで解決です。この技術により、さまざまな砂糖の装飾テンプレートをダウンロードしたり、独自のデザインを作成することもできます。これは効率的で費用効果が高いだけでなく、ビジネスに特有のものがあり、競争から脱却するのに役立ちます。そして、シュガーデザインを他の人から購入する代わりに、自分で自分で作ることができます。

ウェアラブルとパーソナライズされた製品

人々が着ている衣服でさえ、徐々に3Dプリンター業界が浸透しています。 San Diegoにある靴の企業であるFeetzは、お客様の足の正確な寸法に合わせて靴をプリントしています。靴すべての部分は3Dプリントして製造しており、顧客は足の寸法を入力して靴会社に送付するアプリをダウンロードすることができます。このタイプのオンデマンドシューズデザインは、製造する必要のある靴の数を削減し、カーボンフットプリントを削減します。それは環境にとって素晴らしいニュースです。靴というのは生分解性2時間がかかるため、環境負荷を軽減できます。表現力豊かで、コスト削減の素晴らしいソリューションですね。

さらにもう一社。OwnPhonesは、3D印刷されたカスタムフィットのイヤフォンの資金を調達するためのKickstarterキャンペーンで資金を集っています。他にもいろいろな歯科医師が、3Dプリントを使用し始めています。

参照:Forbes