ユニチカが3Dプリンタ用の素材で、変形可能な素材を開発

ユニチカが3Dプリンタ用の素材で、変形可能な素材を開発
2017年6月8日 leakaquare
LINEで送る
[`evernote` not found]

ユニチカが開発した、人の体温ほどの温度で3Dプリンターで製作した素材を変形させることができる素材を開発したそうです。例えば自分なりに微妙にアクセサリーやフィギュアを微修正したり、工具や道具を自分なりにカスタマイズできるようになると想定されています。2017年度中に通販サイトや企業向けに発売するそうです。

従来は60度以上の熱で軟らかくなる素材はあったが、安全な温度で変形できるのは業界初ということで、ユニチカは新素材で、3Dプリンターの普及に貢献しようとしています。これは何かと組み合わせたら面白いイノベーションになり得そうですね!

Comments (0)

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*