3Dプリンターによって、世界貿易25%消滅の可能性

 INGの国際貿易分析責任者ラオル・リーリング氏は、3Dプリンティングの成長により、国境を越えた貿易のほぼ4分の1が2060年までに消滅する可能性があると指摘しています。

高速3Dプリンティングによる大量生産が実現すれば、グローバルな商品の流れに大きな破壊的影響をもたらす可能性があるとリーリング氏は予想。3Dプリンティング技術への投資の伸びが現在のペースで続けば、60年までに製品の約半分をプリンターで作ることができると同氏は推測。
これにより世界貿易は4分の1減少する見通しです。

3Dプリンタはまだマネタイズや実用化が難しいともされていますが、いつの時代か3Dプリンタが主役となる時代がくることでしょう。

参照:https://www.bloomberg.com/news/articles/2017-10-03/how-3-d-printers-could-erase-a-quarter-of-global-trade-by-2060

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *