クロスチェーンとは?なぜ次のテクノロジーで注目されている?

クロスチェーンとは?なぜ次のテクノロジーで注目されている?
2018年9月1日 leakaquare
In ブロックチェーン, 技術
LINEで送る
[`evernote` not found]

インターネットは現代人には必要不可欠な技術ですが、それらはスマートフォンやタブレット、ラップトップなど色んな所で接続されています。そして今後10年、銀行・農業・サプライチェーンマネジメント・データは全てブロックチェーンを活用して効率的に運用される時代がきます。

カセットテープやCDは、携帯電話やWi-Fi接続でどこからでも音楽を再生したりダウンロードしたりできるモバイルアプリケーションのSpotifyやApple Musicに取って代わり、提供されましたよね?同様のことが、次は仲介者を介さずにユーザー同士、提供者と受給者をテックカンパニーを介さずにやり取りされます。

ブロックチェーンの普及もかなり速い?

いくつかのデータを参照すると、インターネットの利用は、1995年の3500万人(人口の0.6%)から、2017年末には40億人以上(人口の53%)に増加しました。 すごい!同じように、しばしば新しいインターネットと呼ばれるブロックチェーン技術は、ビットコインが2009年1月に公開されて以来劇的に進化しています。今やわずか9年前には認識されないようなネットワーク、アプリケーション、プロトコルが数多くあります。この進化も目を見張るものがあります。

そして、インターネットと同様に、ブロックチェインを将来に向けて推進する新興の開発があります。 1つの例は、異なるブロックチェーンが相互に通信し、相互に取引することを可能にする、クロスチェーン技術の出現です。いくつかの企業がすでにこの分野で画期的な仕事をしています。

たとえば、今はイーサリアムのブロックチェーンと、ビットコインのブロックチェーンは現在は「つながっていない」状態です。これは例えば、ETHとBTCを交換しようとすると、取引所に一旦預けなくてはいけなかったり、高い送金手数料がかかったりします。
一方で、たとえばイーサリアムとERC20トークン(Augur、Bancorなどなど)は、同じイーサリアムのチェーンで動いているので、比較的簡単に交換することが可能です。この異なるBC上のトークンをやり取りできるのがクロスチェーンです。

クロスチェーンプラットフォーム一覧

「Fusion」 金融中心のクロスチェーンプラットフォーム

比較的新しいブロックチェーンプロジェクトであるFUSIONは、機能的な金融サービスプラットフォームを構築するという野心的な目標を持っています。 FUSIONは、クロスチェインとクロス組織化のソリューションを提供するためのパブリックなブロックチェーンです。つまり、集中化された(株式、債券、その他の従来の金融資産)、分散化された(ブロックチェーントークンと暗号化された通貨)資産の間で価値を移転する方法を作り出すことを目指しています。

セキュリティの面では、プラットフォームはDCRM(Distributed Control Rights Management)と呼ばれる独自のテクノロジを実装しています。 DCRMは公開ブロックチェーンを通じて秘密鍵の制御を配布します。

これにより、単一のエンティティが完全な秘密鍵にアクセスすることができないため、単一のノードがネットワークのデジタル資産を完全に制御することはできません。

「WanChain」 銀行業向けネットワーク


WanChainは、FUSIONと同様に、銀行業界や金融界に特化しています。 その核心は、分散型金融市場を構築するための枠組みです。 WanChainの分散型インフラストラクチャでは、ネイティブのトークンWancoinが交換の仲介役を務め、異なるブロックチェーン間で資産を交換することができます。

WanChainは、不連続財務記録を保持しながら、クロスチェーンおよびチェーン内取引を記録する分散元帳です。 これは、銀行や清算会社が好きな機関にとって特に便利です。

FUSIONと同様に、WanChainはマルチコインスマートコントラクトを可能にし、分散セキュリティプロトコルを使用して、一方の当事者がネットワークの秘密鍵を制御できないようにします。 ただし、FUSIONとは異なり、オフチェーンデータのサポートを提供しておらず、暗号市場のみに焦点を当てています。

「Polkdadot」 ブロック間通信を可能にする


FUSIONとWanChainは、特にファイナンスと銀行業務向けのクロスチェーン・テクノロジに重点を置いていますが、Polkadotはスケーラブルで分散的な計算を可能にするよう設計されています。その目的はブロックチェーンの相互運用性とコミュニケーションに焦点を当て、本質的により一般的です。

異なるブロックチェーンが互いに通信できるようにするため、Polkadotネットワークは「パラシュート」の概念を導入しました。 パラチェーン(Parachain)は、匿名性や検証を簡単に行うことができます。独立したブロックチェーンを接続する際にはブリッジ(Bridge)と呼ばれる特殊なパラチェーンを用います。

中継チェーンは、パラシュート間の通信のセキュリティを保証し、パラシュートが独立した計算を実行できるようにします。したがって、パラキンは、ブロックチェーン固有の言語または仮想マシンに束縛されることなく効率的に動作することができます。パラシュートの一般的性質は、クロスチェーン通信に特に適しています。

Comments (0)

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*