宣伝は有名人頼み?D2C企業のマーケティング戦略

宣伝は有名人頼み?D2C企業のマーケティング戦略
2019年7月21日 leakaquare
In D2C

D2C(メーカーが直で顧客と売買取引するビジネス形態)ブランドはより世の中に知られる必要があります。例えばD2C寝具ブランドParachuteの創設者であるAriel Kayeは、ユーザーが色んなところでParachuteの商品を見る、と言うときに「大きな勝利」があると確信しているようです。

ストーリーを語る

ユーザー獲得は、ペイドメディアとオウンドメディアの強力な組み合わせから来ています。最もバイラルな(そして価値のある)D2Cブランドはその製品のストーリーを語り、そして製品の職人技を際立たせています。そうすることによって、D2Cはオンラインとオフラインの両方でいたるところに出現し、大きく拡散する可能性があります。

この戦略は有名人によって使用されるPRと実質的に似ています。たとえば、Fast Company、TechCrunch、New Yorkなどの雑誌でD2CオーラルケアブランドQuipが頻繁に報道されていること、そしてソーシャル、家庭外、オーディオ、テレビなどの重要なプレゼンスは、Ariana GrandeのPR戦略と同じページにあります。 Vogue、Elle、Refinery、Instagramなどです。

従来の宣伝媒体では効果が薄い

有料メディアの効果が低下する一方で、ジャーナリストやインフルエンサーたちによる宣伝はより有効とされています。

例えばFacebookのようなペイドメディアと同じ数のインプレッションに対して、インフルエンサーを活用したコンバージョンは100倍も効果があったとされています。

これは信頼性と独自の顧客体験を適切な場所で適切なタイミングで行うことによって達成されます。

参照:https://www.mediapost.com/publications/article/338127/appearing-everywhere-the-celebrity-culture-of-d2c.html

Comments (0)

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*