ビットコインの保有状況はやはり上位層が独占してる

最近仮想通貨取引所が各所で狙われている状況が続いていますが、そもそも取引されている仮想通貨の全体の占有率というと、どれほどのものなのか。気になるところですね。今回はサクッとビットコインの保有状況について、改めて確認していきたいと思います。

ビットコインの保有シェア

参照:https://bitinfocharts.com

現在のビットコインの保有率に関するリストです。ご覧ください。
まず、ビットコインの保有コイン数ですが、残高階層別に見ていくと、10~100BTC(650〜6500万相当)のアドレスが全体の約26%。同様に、100〜1000BTC(6500〜6億5000万相当)が22%、少し飛ばして100,000 – 1,000,000BTC(650億〜6500億相当)が4つ存在し、3.22%を占めています。

これら10BTC以上のアドレスの残高階層を総合すると、ビットコインの保有量は全体の約9割となります。さらにこのアドレスの数は、全体の0.7%に過ぎないです。

つまり、上位1%の人間が全体の9割のビットコインを保有してることになります。
ちなみに、サトシナカモトは、100万BTCを保有しているとされていますが、まだ一度も使用された形跡はないということです。

1握りの人による一握りのためのビットコイン

この歪な状況を見ると、まだビットコインは上位層のための通貨と言わざるを得ず。下位層が挑んでも到底及ぶ範疇ではないでしょう。

しかし、このビットコインは、株主配当といったリターンはなく、将来受け取れるキャッシュフローは存在していない状況のため、仮想通貨の本原点的な価値は「ゼロ」という見方が強いです。

ただし、ブロックチェーンはやはり凄い技術だった

しかし、ビットコインを動かしているブロックチェーンの価値移転のシステム、そしてデータの不可逆、改善性の困難さ、中央管理者が存在しない仕組みは画期的と言えるのは間違いないです。

このケースではビットコインですが、暗号通貨以外に、ある車の所有権や戸籍、学歴など全てをブロックチェーンに入れ込めば、それは永久に残り、自分の履歴書の改ざんは不可能になります。いつしかメディアにも露出していたショーンKさんや小池百合子都知事などの学歴や本籍などの遷移は、そこにデータとして、その刻む主が大学や研究所など、公式に認められた機関がそれぞれ入力することで、それは公式となり、他の人物や企業はブロックチェーンネットワークの戸籍を辿ってどんな人物か確認するのです。

やはりこういった一つにまとまった、改ざん不可のデータ追跡ネットワークは必要だと思います。
だって合理的ですからね。しかし、このブロックチェーンネットワークをオープンにするか、クローズドなものにするかによって、その取引を承認する管理者が登場してやはり「中央集権」になる場合もあるので、そこはまだ実務上どうなっていくか吟味が必要です。

3Dプリンターにブロックチェーン技術を組み合わせた新しい製造技術を提唱

3Dプリンターは躍進的な技術革新によって普及しだしていますが、そこに仮想通貨の基盤技術であるブロックチェーンを取り入れた新しいサービスを開発した会社がイタリアにいます。伊トリノ工科大学からスピンオフしたスタートアップ企業「ポリトロニカ」社は、3Dトークンを使って世界中の3Dプリンタとブロックチェーンネットワークを繋ぎ、ジャストインタイム生産のできる分散型製造工場を作ろうとしています。3Dプリンターの低価格化に伴い、広く普及する可能性があるとされています。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンは、トランザクションデータを保持する一連のブロックまたは取引履歴のことです。 取引の受信者の詳細情報、トランザクション量などの重要な取引情報が、安全な形で転送され、格納されます。 今後は銀行業務の一部やあらゆる産業にも活用されると見込まれており、人類の新しい進歩に貢献する技術とされています。

どのように3Dプリンターに活用されるのか?

アメリカの軍事データにおけるセキュアなデータ転送にブロックチェーン技術の採用を検討していると言われています。また、ユーザー間でプロセスを輪切りにしてタスクを分配し、各自のコンピューターの負荷を減らすことができるブロックチェーンの分散化特性は、3D印刷プロセスのさまざまな段階でメリットをもたらすことができるとされています。

今後の同社の展開

現時点で同社は、100台の3Dプリンターのネットワークを保持しています。2019年末までには、これを3000台まで増やす見込みで、さらにポリトロニカ社は現在、全世界に600店舗を展開するデザイン雑貨チェーン「フライングタイガーコペンハーゲン」と提携して、デスクトップ型3Dプリンターに向けた技術と照明器具「Q3D」を本格展開しようとしているとのことです。

参照:coin telegragh